2005年08月20日

自分でインストールしたサービスを chkconfig --add するためには

自分でコンパイル・インストールしたApacheなどを自動起動させるためにchkconfig --add するためには、/etc/init.d/ に配置した起動・停止スクリプトにchkconfig用のコメントを記述しておく必要がある。

記述しておかずに chkconfig --add した場合は下記のようなメッセージが出て怒られる。
service XXXX does not support chkconfig

/etc/init.d/の起動・停止ファイルへ下記のようにコメントを追加する。

#!/bin/sh
# chkconfig: 345 98 20
# description: Watch system status
# processname: hotsanic


# chkconfig: 345 98 20
最初の345は起動するランレベル。
次の98は起動時の優先順位。
最後の20は停止時の優先順位。

descriptionとprocessnameはお好きに。

# chkconfig --add [サービスファイル名]
とやると追加されます。

# chkconfig --list | grep [サービスファイル名]
と打ち込んで、実際に追加されたか確認する。


posted by まきすけ at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(2) | Linuxとか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Linux起動時に実行されるサービスを登録する
Excerpt: chkconfigコマンドを使えば簡単に登録できる。 まず、/etc/init....
Weblog: フジハラボ -- 目指せ!スーパーエンジニア
Tracked: 2008-04-10 14:23

Tomcat起動設定
Excerpt: 以前、Debian版の起動ファイルは書いたのですが、Linux版を 書き忘れていたのでメモ。 vi /etc/init.d/tomcat6 #!/bin/sh # chkconfig: 3..
Weblog: fujishinko 雑記帳
Tracked: 2008-07-16 11:42