2014年01月11日

vmware ESXiサーバの構築

MCJ(マウスコンピュータ)のPCの余剰を使ってVMサーバを構築。

ESXi5.5をインストールしようとしたころ、NICのドライバが無いためインストールがストップ。
Realtekだと認識しないらしい(IntelならOK)

調べたところ、5.1をインストールして5.5へアップグレードすればインストールできるようだ。
参考1:チープなRealtekでESXi 5.5を使う方法

んなワケで5.1をダウンロードしてインストール。あっさり終わる。

アップグレードのためにはSSHで接続するのだが…蹴られる。
いったんコンソールからログインして、SSHを有効にし、公開鍵方式を無効にした。
参考2:VMware ESXi 5.0にsshで接続

SSHでログインできたら、参考1のサイトのやり方でアップグレード。


次に仮想化するWinXPにVMware vCenter Converterをインストールし、ESXi上にバックアップしようとしたところ、Sysprepファイルが無いとWARNINGが出た。
参考3:DELLのVostroのハードコピー&仮想化にはまった

OSのインストールCDもしくは下記URLからdeploy.cabを入手。
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=11282

ファイルを展開して指定のフォルダへ配置。

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\VMware\VMware vCenter Converter Standalone\sysprep\xp\

大まかな手順は下記を参考に。
参考4:
【VMware】VMware vCenter ConverterでP2Vしてみた


もう細かく書くのがめんどくなってきたよ…。
posted by まきすけ at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linuxとか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック