2005年05月15日

ダフリの原因

本日はスクールの日。早速コーチに聞いてみた。
「最近ダフリが多くて困ってるんです」と言ってスイングを見てもらったところ、まず1点目。
・スイング時の手の位置がセットアップの手の位置よりも身体から離れているので、もっと身体に近づけるように意識する。
ということは、昨日私が考えた「肩〜手〜ヘッドを一直線」は大ハズレだった Σ(゚Д゚)
そして2点目。
・スイング時に背筋を伸ばすつもりで打つこと。背筋と腕全体を伸ばすようなイメージでスイングする。
腕全体を伸ばす、という動きは以前から言われていて、言葉では説明しづらいのだけど、右腕を「打つ」というイメージではなく「下ろして伸ばす」というイメージで使う感じ。

実践してみたところ、スコーンと抜けて当たりました。もうちょっと練習すれば回復しそうです。

ダフリの原因どうやらテークバック時に頭が下がり、さらに右肩が落ちてスイングしていたためダフっていたと思われます。
posted by まきすけ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3663968

この記事へのトラックバック