2011年06月01日

yumでローカルリポジトリを指定しても正しく動作しない

■ 環境
OS: CentOS5.5

HeartBeartとPacemakerを使ってクラスタを試そうと思い、実演!Pacemakerで楽々クラスタリング OSC2011Tokyo/Spring[PDF]第2回やってみようLinux-HA「HAの基本構成」を見ながらインストール作業を始めたところ、yumがコンフリクトエラーを吐いた。
# yum -c pacemaker.repo install pacemaker pm_crmgen pm_diskd pm_logconv-hb pm_extras heartbeat
<〜略〜>
--> Processing Conflict: pacemaker conflicts heartbeat < 2.99
--> Finished Dependency Resolution
pacemaker-1.0.10-1.4.el5.x86_64 from pacemaker has depsolving problems
--> pacemaker conflicts with heartbeat
Error: pacemaker conflicts with heartbeat
You could try using --skip-broken to work around the problem
You could try running: package-cleanup --problems
package-cleanup --dupes
rpm -Va --nofiles --nodigest


Linux-HAのサイトから pacemaker-1.0.10-1.4.1.el5.x86_64.repo.tar.gz をダウンロード、/tmpに解凍しており、yumのコマンドオプションで pacemaker.repo を使うよう指定してあるのにも関わらず、何故か古いバージョンのheartbeatを引っ張ってこようとしているらしい。

いろいろ試した結果…。

/etc/yum.repos.d/ にある epel.repo が悪さをしていたらしく、このファイルを削除したらきちんとローカルリポジトリをチェックしてくれるようになった。

具体的な確認方法としては、/etc/yum.repos.d/ の中のファイルを全部消して、pacemaker.repoから1つずつ追加して確認した。
こういうのが一番疲れる…。


posted by まきすけ at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linuxとか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック