2010年11月04日

環境変数 http_proxy 設定時にIDとパスを指定する

ユーザー認証をしているProxyを経由して接続する際に、環境変数 http_proxy にIDとパスを指定する方法。

主にActivePerlやStrawBerry PerlでPPMやCPANを使うときに設定します。
C:> set http_proxy=http://username:password@proxy.example.com:8080/


posted by まきすけ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linuxとか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168290981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック