2012年04月01日

Mac de python

Pythonやってみっか、ということで。

Mac OSX に Djangoをインストールする

Mac OSX 10.7.3
python 2.7.1
Django 1.4

$ sudo python setup.py install
インストール先は /Library/Python/2.7/site-packages/django/ だった。

Djangoが正常にインストールされたかテストする。
$ python
>>> import django
>>> django.VERSION
(1, 4, 0, 'final', 0)

プロジェクトを作って動作テスト
Python入門-Django プロジェクトの作成

プロジェクトを作成したいディレクトリ(/Users/[user]/Documents/python/など)へ移動してプロジェクトを作成するコマンドを実行。
> python /Library/Python/2.7/site-packages/django/bin/django-admin.py startproject mysite

/Users/[user]/Documents/python/mysite/というディレクトリができ、ファイルとディレクトリが生成される。
-rwxr-xr-x 1 username staff 249 4 1 18:19 manage.py
drwxr-xr-x 10 username staff 340 4 1 18:20 mysite

mysiteディレクトリ内にsettings.pyなどのファイルがある。
-rw-r--r-- 1 username staff 0 4 1 18:19 __init__.py
-rw-r--r-- 1 username staff 5338 4 1 18:19 settings.py
-rw-r--r-- 1 username staff 556 4 1 18:19 urls.py
-rw-r--r-- 1 username staff 1134 4 1 18:19 wsgi.py

次に開発サーバを起動
$ python manage.py runserver
Validating models...

0 errors found
Django version 1.4, using settings 'mysite.settings'
Development server is running at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

ブラウザで http://localhost:8000/ へアクセスして下記画面が出れば成功。

ctrl-c でサーバを停止できる。

開発サーバを起動すると、プロジェクトのディレクトリに「.pyc」という拡張子のファイルができあがる。これらはpythonがスクリプトをコンパイルしたバイナリファイルなので、削除してしまっても問題ない。
posted by まきすけ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linuxとか