2012年04月28日

大型二輪教習8日目-卒検

 ついに卒検の日がやってきた!
 12時からなのに緊張して7時に目が覚めてしまった。2度寝して9時起床。
 昨日の雨から一転、歩くとちょっと汗ばむような晴天だ。

 11時30分くらいに教習所に着き、となりのコンビニでパンとコーヒーを買って、教習を見ながら軽い昼ごはん。かなり緊張してきた。
 集合10分前に教室に入ると既に数人の受験者が集まっていた。初めて見る教官がやってきて30分ほど検定の説明。インストラクターパンツを履いているということは、この人が二輪の検定員なのか?四輪と二輪に同時に説明するらしく、8名中5名が二輪だった。大型2名、中型1名、小型2名。私は2番手の走行。最初じゃなくてちょっとほっとした。検定コース2を走るということでさらに安心。コース1は後半の教習であまり走っていないので緊張したら間違えそうだったから。

 検定開始5分前にコースへ集合し、1番手の人と軽く話しながら待つ。ほどなくして検定員の教官が登場。やはりさっきの人が検定員だった。
 すぐに1番手の人が呼ばれて検定開始。あっさり始まるなぁ〜。そして1番手の人は特にミスもなく終了。検定員に「よし!」と言われてたから合格だろう。

 いよいよ私の番。緊張感はかなり消えていたが、心の底のほうで緊張しているような気がする。一本橋とクランクさえクリアすれば問題ない、と考えながらバイクに近づく。
 スタンドを外し後方確認して乗車。ミラー、キーON、エンジン始動、後方確認、ギア一速に、合図、後方確認、スタート!

 外周をまわってまず一本橋。秒数をカウントする余裕は無い。後半すこしブレたので、無理せずに降りたが8秒くらいか?急制動はメーターを見すぎて走行が右よりになってしまった。停止は問題なし。クラッチを握るタイミングが早かったかも…覚えてない。
 そして踏切を過ぎて外周に出る一時停止時に何とエンスト!発進でエンストするならわかるけど停止でエンストとは…。焦らずエンジン始動し再開。波状路は段を超えるパワーが少し足りないような…いつもと比べてアイドリングが低いのかもしれない。最後は少し吹かして通過した。
 スラロームへ入ると今度はいつもより速度が出ている感じがする。後ろブレーキを踏んで調整したが後半やや大回りになってしまった。スラロームから外周へ出るときエンジンがボボボボ…とストールしそうな音がしたので「もしや3速に入ってる?」と思ったがすぐクランクなのでそのまま入ってしまった。
 クランクはイメトレだとすごく狭くてギリギリな感じだけど実際に入るとけっこう広い。半クラを使いながら無事通過。
 次に外周を回って中央の信号に入るのだが、ウィンカーを出して右に寄ったところで後ろから「プップッ」とクラクションが。
 停止して教官から「手前を右じゃないの?」と言われたが、結局のところコースは合っていたのでそのまま継続。教習中に直線で早めにウィンカーを出すよう指導されていたのだが、合図が早すぎたらしい。
 あとはS字、坂道をクリアして発着点へ。降りるときにフラつかないよう気をつけて、検定終了。

 終わってガックリ、何とエンストしてしまうとは…。一本橋も早めだったし、ニーグリップができていなくてフラついていた感じもしたからギリギリか…もしくは補習か…。
 肩を落としながら待合室へ戻り、1番手の人に「エンストしちゃいましたよ〜」と話すと「けっこう減点になるんじゃないの?」と言われまたショックw

 全員の検定が終わりしばらく待合室で待っていると、先程の二輪の検定員の方が登場。
 まず私のとなりの中型の人に試験の結果の用紙を渡し結果を少し説明。不合格だったらしく「補習の予約申し込みしてください」みたいな事を言われると中型の人はすぐ出て行ってしまった。
 「次はオレかな〜」と思っていたら「あとの人は合格です」とのこと。「やった!」と思うのと同時に「こんなんで受かってよかったのかな?」とも考えていた。

 そのあと結果の注意点を指摘されたのだが、やはりスラロームとクランクは3速で入ってしまったらしい。(帰ってからネットで調べてみると、検定の規則で厳密に2速とか3速の指定があるわけではないので減点対象では無いみたい)そして一本橋は8.5秒だったとのこと。

 卒業証書を受け取り、免許交付の説明を受けて本日の全行程が終了。教官に卒業の報告とお礼もできないで去るのは少し寂しいが…。

 帰りがけに窓の外を見ると、二輪コースではいつものように教官と教習生たちがコースを走っていた。
 もうあそこに戻ることは無いんだな〜(免取にならなければ)と思いつつ、さらば教習所、さらば愛しきCB750。
posted by まきすけ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2012年04月23日

バイクのグリップの握り

卒検を今週に控え…今さらですが自分のバイクのグリップがおかしいことに気がついた(^^;;
なんか教習を終えると手首(小指側)が痛いなぁ〜と感じていたんですが、慣れない大型の操作とニーグリップの甘さで手に変な力が入ってるんだろうと思っていました。
しかーし!そもそも自分のグリップの握りがおかしかった!
ここのグリップの握り方の説明を見ると自分の握りはおもいっきり包丁握りになってました。こりゃヤバイっすね。

しかし卒検直前に気づいたはいいけど、今さら握りを変えたらかえってダメになるかも…?
なるべく力を抜くようにして走るしかないかな。
posted by まきすけ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2012年04月22日

大型二輪教習7日目(11〜12h)

ついに大型二輪教習も最終日(すんなり行けば)
前日の天気予報では雨。最後も雨か〜と思いつつレインウェアに防水スプレーをかけて準備する。

家を出るとまだ曇りだけど、今にも降りそう。それにしても今日は道路が空いていてかなり早く着いてしまった。コーヒーを飲みながら前の時間の教習を眺める。今日で最後かと思うとなんだか寂しい感じもする。

11時限目。
本日も鬼教官。というかすっかり鬼っぽくはなくなったが。
「バイク何買うの?」と聞かれたので「HONDAのNC700Xか、ハーレーの883Rか、BMWのF650GSが欲しいけど、奥さんのOK出ないのでしばらくはレンタルですかねー」と答える。買うんだったら赤男爵と提携してるから、といって店長の名刺をくれた。待合室にもポスター貼ってあったっけ。見に行ったら買っちゃいそうだなー。
今日は同じ時間に教習を受ける中型の人は初めての時間のため慣らし運転は見学。教官と自分の2台だけで慣らしといいつつ少々飛ばし気味にコースをまわる。S字に入ったとき速度が出すぎてバランスを崩して止まってしまった。こんなんで教習終了していいんだろうか?
久々に検定コース1を走行。まだ一時停止からの左折がちょっとフラつく。一本橋は一度落ちてしまった。渡れたときも10秒いってない気がするなぁ。8秒くらい?急制動で一回、速度を気にしすぎてブレーキが遅れて停止線を超えてしまった。スラロームはほぼアイドリング走行。7秒以上かかってると思うのだが…特に何も言われず。一本橋もスラロームも規定の時間は言われたものの、自分の走行タイムについては言われたことがないんだけど、よほど問題がなければ言われないのかなー?
検定コース1を4回走って完了。

12時限目。第2段階見極め。
とうとう最後の時間。
少し降ってきた感じがしたので上だけレインウェアを着て準備した。いっしょに教習を受ける中型の若いお兄ちゃん(さっきの時間とは違う人)に「プロテクターのゴム緩いっすよね〜」と話しかけられた。教習を受けていて話しかけられたのは初めてだな〜。慣らし運転の前にお兄ちゃんが教官から「クラッチはパッて離すなよ!」「ちゃんと安全確認しろよ!」と再三注意されていた。まだ始めたばっかりなんだろうか、慣らし運転はトロトロと…危なそうなので車間を空けて走る。
さて最後の時間は検定コース2のみを走行。一度コースを間違えて坂道を飛ばしてゴールしてしまった。
そしてとうとう最後の最後のコース走行。ミラーを見たら途中で教官がいなくなってしまった。後ろに教官がいないとちょっと緊張が緩む。教官にも「最後は伸び伸び走ってたねぇ〜」と言われてしまったw
これでついに教習終わり。

帰りがけに卒検の予約を済ませ、近所のコンビニのベンチでタバコを吸って帰ると雨が降ってきた。
最後は天気も気を遣ってくれたのかな。

■ まとめ
・一本橋
なぜか落ちるときはいつも右側。落ちたら検定終わりなので、とにかく落ちないこと。
乗るときは早めのスピードで。乗ったら後ろブレーキで速度を落とし、ブレそうになったら半クラで速度を上げる。

・急制動
私は急制動に全く苦手意識がないのであまり気にしていないのだが、まずスピードを早めに(加速道中の2/3くらいまでに)45キロ出す。そこからアクセルオフし、前輪がパイロンに差し掛かったときブレーキを握れば十分に停止できる。
ブレーキがパイロンに差し掛かったときじゃ早すぎじゃないか?と思っていたが実際にブレーキランプが点くまでにラグがあるので大丈夫らしい。

・スラローム
教習中にアクセルオンで立ち上げはしていないが、本番でいきなりやろうとしても難しいのでそのままやるつもり。
スラロームは失敗したことがないのでいつもどおりやれば問題なし。

・波状路
タンクに乗るくらいのつもりで腰を前に出す。腕には体重をかけず、ハンドルは添えるだけのつもりで。ヒザと前腕で衝撃を吸い上げる感じで進む。顔を下に向けると体が前のめりになるので顔は正面を向け、下を見るときは目線だけ落とす。

・S字
進入速度を調整できれば気にするところなし。道路に左折で出るときは膨らみすぎないこと。

・クランク
進入速度を十分落とす。半クラ、後ろブレーキで速度を調整する。ウィンカー操作はクランクに入った瞬間に切り替えておくこと。

・坂道発進
発進速度が早くなりすぎないようにすること。

・その他
ブレーキは自分が考えるより早めに。
停止するとき前ブレーキが強いと前輪が沈んでバランスを崩しやすくなる。早めにブレーキをかけ、後輪ブレーキでゆっくり止まる。
同じく停止するときは早めに1速に落とす。停止直前で1速に落とすとバランスが崩れやすい。2速での停止は右足を着くことになるので絶対しないこと。
停止から発進したら、すぐ2速にしたほうがいい。1速だと速度調整が難しく、バランスが崩れやすい。
クランク出口、スラローム出口で膨らみすぎないこと。
安全確認に気を取られてゆっくり走っていたとき「メリハリをつけて走るように」と注意された。加速するところは加速する。

こんなんで卒検受けていいのかな?と思いつつ…当日は緊張しないようにしないと!

卒検へ
posted by まきすけ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

大型自動二輪教習 6日目(9〜10h)

9限目
本日1時間目(9h)はシュミレーター。
なんかノリのいい教官が登場してズイズイ進める。
それにしても最近のシュミレーターって画面もデカくてすごいな。ホンダのシュミレーターだけあって街を走る車はホンダ車ばかり。
まずは急制動の練習。といっても感覚がさっぱりわからずとにかくブレーキを踏むだけ。
次に小さい周回コースを練習で走る。海沿いの橋を渡ると風でバイクが押される。
そして本番の街中走行。発進早々後ろから車が割り込んできて激突。ドアは開くわ、影から子供は出るわ、詰め込みすぎwww 高速道路走行もやってみたけど、道路に角材が落ちてるしw
シュミレーターはなかなか面白かったです。

10限目
そして続けてすっかり陽が落ちたコースで実技(10h)
今日はバランス重視ということで、立って練習するらしい。立ち乗りで教官について走る。
立っていると普通のカーブも曲がりづらい。脚のグリップをしっかりして腕に体重をかけないようにしないと頭でわかっているものの、どうしても腕に力が入ってしまう。S字やらクランクやらUターンやらとバンバン走る教官。途中で脚が…疲れたよ…パトラッシュ…と思ったそのとき、クランクでバランスを崩して転倒。
クランクはやっぱり鬼門ですわ…。
バランス崩しそうになったら座っていいんだぞ〜と言われた。まあそうだよね…。
最後に検定コース2を走ったけど、脚がプルプルしてうまく走れなかった。一本橋は30センチで落ちちゃうし(--;;
一本橋に乗るときは勢いをつけないとダメだな〜。

教習7日目へ
posted by まきすけ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2012年04月18日

mysqlで ERROR 1146 (42S02): Table 'mysql.servers' doesn't exist と Access denied for user 'root'@'localhost'

【環境】
mysql 5.5.22 MySQL Community Server (GPL) by Remi
CentOS 5.5

【状況】
mysqlでflush privilegesを実行しようとすると、以下のエラーメッセージが表示される。
mysql> flush privileges;
ERROR 1146 (42S02): Table 'mysql.servers' doesn't exist

参考サイト:Go for it! mysql.serversテーブル
以下のSQLを実行し、DB:mysqlにテーブルを作成すればOK。
> use mysql
Database changed

> CREATE TABLE `servers` (
`Server_name` char(64) NOT NULL,
`Host` char(64) NOT NULL,
`Db` char(64) NOT NULL,
`Username` char(64) NOT NULL,
`Password` char(64) NOT NULL,
`Port` int(4) DEFAULT NULL,
`Socket` char(64) DEFAULT NULL,
`Wrapper` char(64) NOT NULL,
`Owner` char(64) NOT NULL,
PRIMARY KEY (`Server_name`)
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8 COMMENT='MySQL Foreign Servers table';

次に、ユーザー作成&権限付与をしようとしたらエラー発生。
mysql> grant all privileges on *.* to hogehoge@localhost;
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)

ちなみに、rootにパスワードを設定して using password: YES としても同じエラーになる。

参考サイト:MySQLでの「Access denied for user ‘root’@'localhost’ (using password: NO) 」への対処

かなり参考サイトまんまコピペになってしまい申し訳ありません。

1.MySQLの停止
[root ~]# service mysqld stop

2.オプション付きで起動
MySQLを skip-grant-tablesオプション付きで起動
このオプションはMySQLの権限システムを使用しないで起動するためのもの
[root ~]# mysqld_safe --skip-grant-tables &

3.mysqlコマンドプロンプトに入る
[root ~]# mysql -u root
mysql>

4.rootへの権限設定
まずは、現状の権限設定を確認してみます。
mysql> use mysql;
Database changed
mysql> select User,Password,Host from user;
+-----------+-------------------------------------------+---------------+
| User | Password | Host |
+-----------+-------------------------------------------+---------------+
| root | *0ED3F3036636C1EBCDC403F2798C4F13A0A41126 | localhost |
| root | | centos-test01 |
| root | | 127.0.0.1 |
| | | localhost |
| | | centos-test01 |
| hogehoge | *0ED3F3036636C1EBCDC403F2798C4F13A0A41126 | localhost |
+-----------+-------------------------------------------+---------------+
6 rows in set (0.00 sec)

参考サイトではこのテーブルが「空」の前提でしたが、私の場合はroot@localhostなどが登録されていました。
参考サイト手順の通り、userテーブルを全件削除してから、設定を実行します。
mysql> truncate table user;
mysql> flush privileges;
mysql> grant all privileges on *.* to root@localhost identified by 'パスワード' with grant option;
mysql> flush privileges;

実行結果を確認します。
mysql> select User,Password,Host from user;
+------+-------------------------------------------+-----------+
| User | Password | Host |
+------+-------------------------------------------+-----------+
| root | *0ED3F3036636C1EBCDC403F2798C4F13A0A41126 | localhost |
+------+-------------------------------------------+-----------+
1 row in set (0.00 sec)

5.MySQLの再起動(通常起動)
これでrootユーザへの権限設定ができましたので、MySQLを通常起動します。
mysql> quit;
[root ~]# kill -KILL [mysqld_safe のPID]
[root ~]# kill -KILL [mysqld のPID]
[root ~]# service mysqld start
mysqld を起動中: [ OK ]

6. 再度ユーザー作成
mysql> grant all privileges on *.* to hogehoge@localhost identified by 'hogehoge';
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: YES)
またエラーが出る。

mysql> grant all on *.* to hogehoge@localhost identified by 'hogehoge';
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: YES)
「grant all privileges」を「grant all」にしてみたがダメ。

mysql> grant all on hogehogedb.* to hogehoge@localhost identified by 'hogehoge';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
*.* を [db名].* に変更したらいけた。

mysqlはremiで入れないようがよさげか…?php5.3をremiで入れたらいっしょに入っちゃったのよね…。
先にmysql5.5をインストールしておいたほうがよかったかな?
posted by まきすけ at 20:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | Linuxとか

2012年04月15日

大型自動二輪教習 4〜5日目(6〜8h)

本当は4月7日に6〜8hの3時間の実技を受けて、14日にシュミレーターの予定だったのだが、なんと3月31日に予定していたツーリングが暴風雨のため4月7日にズレてしまったため、教習予定もずれることに。
そして私の通っている教習所、大型二輪だけはWeb予約や電話予約ができないのだ!とはいえ終了まで約1週間ズレるくらいで予約できた。

4日目 (6h)
さてツーリングの余韻に浸りつつ、久々のCB750。天気は残念ながら雨である。
今日の教官はお初のO教官。鬼教官よりお年が上かな?とはいえ鬼系なニオイがする。
第2段階に入ったので、検定コース2を回る。ところが、先週のツーリングではCB400にかなり楽に乗れていたのに、どうしたことか教習所だとバランスがくずれる…。

そしてコースを1周して戻ったとき、教官からこう言われた。
「なんでそんな後ろに座ってるの?」
確かに私はお尻をやや後ろめにして座っていたのだが、いつだか誰だか忘れたが「後ろのほうが安定する」と言われたのでそうしていた。
「バイクの重心はシートの一番へこんだところにあるから、そんな後ろに座ったらバランス悪いよ〜。それにハンドルが遠くなるから手が伸びちゃうでしょ」と指導され真ん中に座る。「あと、腕は脇を締めるように。ハンドルを切ったとき、ターン内側の脇がくっつく感じで」
言われたとおりやってみると、ニーグリップしやすいし、確かにターンが楽になった。家に帰ってから調べてみると、後ろに座るのは高速走行時などの場合らしい。教習所など低速中心なところでは真ん中のほうがいいらしい。

5日目(7〜8h)
今日も昨日に続いてO教官。天気は晴れ。

7限目
珍しくコースには教習生が3名。いつもは2名しかいなかったので「バイクは2名限定なのかな?」と思っていたがそうでもないようだ。

O教官は検定試験に向けた指導が多かった。
・停止するときブレーキが遅くて最後にキュッと止まっているので、早めにブレーキをかけてゆっくり止まること。
・同じく停止するときにギアを1速に落とすのが遅い。2速のまま止まって右足をつくのはNGなので、早めにギアを落とすこと。
・ウィンカーを出す位置の指摘。
・右左折したらすぐウィンカーを消すこと(忘れがち)

8限目
8限目は珍しく大型教習が2名だった。
O教官が「二人とも大型だから飛ばすぞ〜!」と言って慣らし運転なのに飛ばしまくり。面白いけど怖いw
この時間も引き続き検定コース2を回って終了。

何しろ間をあけてしまったので記憶がおぼろげで内容が薄くなってしまった。

しかしこのO教官の指導はかなりためになったのは間違いない。

教習6日目へ
posted by まきすけ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2012年04月02日

大型自動二輪教習 3日目(5h)

書く日程は空いてしまいましたが3日目5限は3〜4限目の翌日です。
やっと晴れたので、初のレインウェアなしでの教習。

午後イチの教習の前の時間は検定をやっている。今日はかなり早く教習所に着いたので、ベランダでタバコを吸いながら検定を眺める。中型が4人くらいと小型が1人。一本橋がすごい速い人はいたけど、あからさまに不合格っぽい人はいなかった。

さて5限目は1段階見極め。
今回も前回に続き鬼教官。今後はずっとこの人なのかな?

前日の教習で右手前腕のスジが痛くなってしまった。実は3ヶ月ほど前からテニス肘になってしまっていて、教習所に入るときはまだ指を動かすとスジにゴリゴリ感が残っていたのだ(完治してから入ればよかったがいろいろ理由がありまして)

今日は初めてB750を自分で車庫から運ぶ。いつもはスタート位置で暖機されてるんだけどね。あれだけ恐恐と押していたCBもバランスが取れればそれほど重くない不思議。

じゃあコース練習!ということで検定1コースをまわる。コースはバッチリ憶えた!と走りだすもなんだかバランス感覚がイマイチ。停止時に右足をついてしまうこともしばしば。前回は良かったのにな〜。
教官はコース中央あたりの島でバイクをいじっている…が、ああいうフリしてしっかりチェックしているハズなので気が抜けない…。

2週ほどしたところで教官登場。
「一本橋飛ばしてるぞ」
ああ〜っ、あれほど憶えたのに…。

一本橋はまだ途中で落ちてしまうこともあり不安が残る。スラロームもアクセルのタイミングが合わない…初日よりヘタになってるような…。そしてまだクラッチミートがイマイチなのかスタートや信号待ちの発進時に2,3回エンストしてしまった。
「オイオイ頼むぜ〜」
そんなことを言われつつも教習完了。見極めはOKなのか?と思ったが特になにも言われず…「受付で第二段階の予約しといて!」と言われたのでオッケーだったらしい。

受付で第二段階の予約をして帰路につく。順調にいけば4月後半に大型取れるかな?

教習4〜5日目へ
posted by まきすけ at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2012年04月01日

Mac de python

Pythonやってみっか、ということで。

Mac OSX に Djangoをインストールする

Mac OSX 10.7.3
python 2.7.1
Django 1.4

$ sudo python setup.py install
インストール先は /Library/Python/2.7/site-packages/django/ だった。

Djangoが正常にインストールされたかテストする。
$ python
>>> import django
>>> django.VERSION
(1, 4, 0, 'final', 0)

プロジェクトを作って動作テスト
Python入門-Django プロジェクトの作成

プロジェクトを作成したいディレクトリ(/Users/[user]/Documents/python/など)へ移動してプロジェクトを作成するコマンドを実行。
> python /Library/Python/2.7/site-packages/django/bin/django-admin.py startproject mysite

/Users/[user]/Documents/python/mysite/というディレクトリができ、ファイルとディレクトリが生成される。
-rwxr-xr-x 1 username staff 249 4 1 18:19 manage.py
drwxr-xr-x 10 username staff 340 4 1 18:20 mysite

mysiteディレクトリ内にsettings.pyなどのファイルがある。
-rw-r--r-- 1 username staff 0 4 1 18:19 __init__.py
-rw-r--r-- 1 username staff 5338 4 1 18:19 settings.py
-rw-r--r-- 1 username staff 556 4 1 18:19 urls.py
-rw-r--r-- 1 username staff 1134 4 1 18:19 wsgi.py

次に開発サーバを起動
$ python manage.py runserver
Validating models...

0 errors found
Django version 1.4, using settings 'mysite.settings'
Development server is running at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

ブラウザで http://localhost:8000/ へアクセスして下記画面が出れば成功。

ctrl-c でサーバを停止できる。

開発サーバを起動すると、プロジェクトのディレクトリに「.pyc」という拡張子のファイルができあがる。これらはpythonがスクリプトをコンパイルしたバイナリファイルなので、削除してしまっても問題ない。
posted by まきすけ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linuxとか