2012年03月24日

大型自動二輪教習 2日目(3h〜4h)

 1週間の間を空けて教習2日目、3〜4時間目の教習。今日も天気が悪い…曇りのち晴れとなっていたが家を出るときはパラパラと雨が降っていた。
 今日も教習所でレインウェアを着て準備。しかしながらここの教習所は手順がイマイチわかりづらい…前回は名前を呼ばれて教習簿をもらったが、初回以外は机の上に置いてあるやつを勝手に取って持っていくらしい。

 さて今日の最初の時間はAT教習なのでSKYWAVEが並んでいる。まずは慣らし運転で5分ほどコースを走るのだが、ちょっと小太りなカワイイ教官に「乗ったことある?」と聞かれるが正直乗ったことはないし乗りたいとも思わないw 乗り始めると慣らし走行の時点でもう超コワイんですけど〜。ニーグリップがないと不安定すぎる。クランク入ったらパイロンに当たりまくり。いっしょに教習している人はけっこう乗り慣れているのかスイスイ走ってた。
 慣らし運転が終わって本日のメイン教官登場。ジェットヘルにグラサンですよ。
(コイツ…鬼教官系だ…)
 オレの野生の勘がそうささやいた。
 「スクーター乗ったことないの?クランクでパイロン倒しまくってたけど大丈夫か〜?」
 いきなりのジャブである。いやストレートか。そこは今まで培ってきた受け流しスキルで乗り切る。とにかくスクーターはダメなので無難にこの時間を終わらせたい。なんてったって初めてスクーター乗ったときウィリーさせたし、ホントに数えるくらいしか乗ったことがないんだなこれが。
 「前回検定コース1を覚えるように言われたよね?覚えた?」
 いや全然覚えてないしw なので教官のスクーターに続いてコースを2週。でも覚えられません。一番ビックリなのは波状路もスクーターで通ること。座りながらでいいって言われてもこれはツラい。
 アップアップしてる間に3限目は終了。結局ATでまともにクランクは通れませんでした。これでよかったのかね?

 続いて4限目。やっとCBに乗れる。教官は先程に続き鬼教官。
 慣らし運転をしていると、何だか前回乗った時よりCBが軽く感じる。重さに慣れたのかな?そしてイメトレの成果かクランクの半クラもきちんとできるようになった!

 教習が始まり、教官に続いて検定1コースを2週。
 「んじゃ、自分でコース走ってみて」
 まだ全然覚えてないっす…(汗)。後ろから教官に追われつつ、コースを間違えるとクラクション鳴らされ焦ってしまう…。一時停止とか無視しちゃうし、テンパリまくり。一本橋は途中で落ちるし、いいとこなし!
 コース外周を走るときは3速で、カーブ手前で2速に落として走っていたのだが、どうやら3速のまま走行でいいらしい。「ギア操作をするとかえって危ない」と言われた。

 そして鬼門の波状路へ。
 Youtubeで散々見た動画の通り、まっすぐ立ち上がって、1速半クラで進入してタイミングよくアクセルを…しかし!途中で止まってしまう。うーむ。
 教官曰く「前に体重掛かり過ぎだ!前のめり過ぎ!」とのことで、立ち方から指導してもらう。どうやらまっすぐ立っていると思っていたがヒザが伸びて手に体重が掛かりすぎていたらしい。
 ヒザを曲げてタンクをはさみ、腰から上は直立姿勢。手は軽く添える感じ。そして1速半クラのまま外周をぐるっと1周。途中でヒザを曲げ伸ばししながら乗ったり、右手を離して乗ったりして、そのまま再度波状路へ入る。
 楽々クリアー。
 なんだこれは。やり方さえわかればこんなに簡単だったのか…。
 放置プレイであまり教えてくれない教官より厳しくてもきちんと教えてくれる人のほうがいいな。
 そして4限目は終了。今日はあっという間だった。

 帰りがけに検定コースのマップをiPhoneで撮影。昔だったら紙に書き写していたんだろうけど、今は楽だね〜。
 でも結局家に帰ってからコースの紙に書き写して覚えました。

 これでひととおりのコースを走ったわけですが、どうも他の人のブログとか見てると急制動と波状路は2段階でやるところもあるみたいですね。第一段階見極めの前にすべてやってしまったということは、第二段階は何やるんだろ…?
 その前に見極め通らねば!

教習3日目へ
posted by まきすけ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2012年03月18日

大型自動二輪教習 1日目

なんだかんだで大型二輪免許を取得することに。
中型(いまは普通自動二輪)を持っているので実技12時間の教習生活の始まりです。
取得のいきさつはまた後で書くとして、本日の教習一日目の内容。

1日目
実技1時限目
 週末土曜日の天気予報は曇りのち雨。車で教習所へ向かう途中でパラパラ降ってきた。レインウェアは持参しているものの、初教習が雨なのはちょっと心配。
 教官はいい感じに日焼けしたガテン体型のおじさん(わたしもおじさんだが)。同じ時間の教習は中型の若いお兄ちゃんだけだった。
 始まる前にコレ読んでいて、と言われ簡単な教本をもらう。エンジンスタートの仕方がよくわかっていないのでそこを重点的に読む。
 教官に呼ばれ、まずはCB750を倒して引き起こし。これがなかなかうまくいかずちょっと時間がかかってしまった。次に8の字にバイクを押してきてとのこと。倒すとまた引き起こさないといけないので慎重に押す。
 次に教官の後ろに乗ってコースを周回。優先道路、信号、急制動コースの入り方など説明を受ける。教習生が来るたびに説明しているので面倒なんだろうが、いっぺんに言われるので正直覚えきれない。まあわからなかったらまた質問しよう。
 そしてついに実車開始。乗る前にセンタースタンドを外すと指導されたのだが乗ってから外すクセがあるのでこれは注意。じゃあ周回するから付いてきてね、と言われて出発。エンストしないか心配だったが走りだしてしまえば問題なし。しかし走行中のギアチェンジに手間取ったり、コーナーでのキープレフトが難しくて膨らんだりフラついてしまったり、乗っていて早くも不安になる。さらにクラッチミートのタイミングがつかめず、停止してからの発進の際に不必要にフカしてしまいさらに不安になる。
 次に早速の一本橋。遠くを見るようにして…と思い出しつつも半クラがうまくできず脱輪…中型のときはけっこう得意だった気がしたけど今は昔か。お次はスラローム。2速アイドリングで通過。タイムは測ってないのでわからない。次に8の字走行をして、急制動コースへ。正直雨だし初日だし急制動はやらないかと思っていたのでさらに不安感が増したが、特に問題なくできた。速度が足りてなかったのかな?
 そして本日の鬼門となった波状路。全然できなかった。半クラができていないのでまったくもって話にならない。途中で速度が落ちると焦ってフカしてしまい、結局止まってしまう。止まると出すのも大変だし…コケなかっただけマシか。
 1時限目終わりにしてクラッチとブレーキで腕が疲れてしまった…。この次の時間もあるのに大丈夫だろうかと思いつつ休憩時間にタバコを一服。

実技2時限目
 実技の最初の5分くらいは「慣らし運転」ということで教習生みんなで教官のあとについて周回するらしい。慣らしなので信号とか一時停止は全部無視。大型の人は一番後ろね、と言われ先程の中型のお兄ちゃんの後について走行する。スタートの半クラに手間取り出だしからちょい遅れる。大型だと坂道に2速で低速侵入しても十分登れるのは楽だった。スタート地点に戻り中型のお兄ちゃんの後ろに停車、と思ったら左にバランスを崩してしまい…コケた。
 教官に「大丈夫ですか?」と何度も聞かれてしまった。まあ大丈夫Death…。
 2時限目はS字とクランクも加わる。クランクは2速で半クラ使って、と言われたものの、半クラを使おうとすると何だか不安定になってしまう。そしてまた波状路に入るが…やっぱりうまくいかない。一本橋も5−6回やって最後まで通過できたのが2回なので、まだまだ修行が必要だなー。スラロームは立ち上がりで軽く吹かせるくらいにはなった。
 そしてクランクで半クラ使おうとしたとき、またコケた。うーん。
 なぜか2時限目のほうがエンストも多いし、手も疲れるし、さらにコケると焦ってしまう。焦っちゃいかんと思いつつも焦ってしまうのはどうしてなのか。
 3月半ばの小雨の中、教習が終わったらすっかり体は熱くなってました。
 そして教習所そばのコンビニで放心しながらタバコを吹かす41歳…。

・方向指示器を出したら後ろをチェック
・出発するときは後ろをチェック
・右足を付くときは後ろをチェック
・交差点では左右チェック
・一本橋、スラローム、S字、クランクから周回路に入るときは一時停止不要
・一本橋やスラロームに右折で進入するときは、優先道路を走ってくるバイクが入ってくるときがあるので、通過するまで必ず待つ
 (手前からウィンカーを出しているのでどこを曲がるのかわからない)

・一本橋
 ・遠くを見る
 ・半クラと後ろブレーキをうまく使う
・スラローム
 ・2速で進入
 ・立ち上がりでアクセルを軽く吹かす
 ・吹けすぎのときは後ろブレーキを使って調整
 ・2個先のパイロンを見るように
・S字
 ・2速走行
・クランク
 ・2速走行
 ・半クラで調整
・波状路
 ・立ち上がって膝でタンクを挟む
 ・障害物にかかるときに半クラで吹かす
 ・後ろブレーキを使う
・8の字
 ・2速走行
 ・立ち上がりでアクセルを吹かす
 ・後ろブレーキで調整
・急制動
 ・40キロまで加速
 ・前後ブレーキを使って停止
 ・ギアは下げない
 ・止まる寸前でクラッチ切る
教習2日目へ
posted by まきすけ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク